長距離おさんぽ部

長い散歩が好きです

仮面ライダーのまち(陸前山下〜石巻市街地:15km)

今回はゆっくり石巻市街地を巡ります。石巻市石ノ森章太郎の第2の故郷として石ノ森章太郎の漫画のキャラクターが町を彩ります。

f:id:ochinaihappa:20221213221406j:imageロボコン!消防署前です。これはリメイクの方を見たことがあります。かわいい!
f:id:ochinaihappa:20221213221409j:imageこのコースは旧北上川沿いに歩いているのですが、こちらも復興工事中のところが多く思ったとおりに歩けず迂回が多くなりました。

愛宕神社の前を通り抜けいきます。f:id:ochinaihappa:20221213221416j:imageいしのまき元気いちばでは中洲の石ノ森萬画館を眺めながら美味しいご飯を食べられます。今日はゆっくりなので海鮮定食を楽しみました。
f:id:ochinaihappa:20221213221413j:image旧北上川の中洲に渡り石ノ森萬画館を楽しみます。こちらはご当地ですが公式のシージェッター海斗。上映されている映画がとても良くここでしか見られないのでぜひいただきたいです。
f:id:ochinaihappa:20221213221420j:image人造人間キカイダー。いろいろギミックがあってなかなかの迫力です。f:id:ochinaihappa:20221213221423j:imageみちのくトレイルのコースにはありませんが日和山公園によります。

震災の傷跡と復興の過程を見晴らしのよい公園から眺めることができます。
f:id:ochinaihappa:20221213221429j:image石ノ森萬画館は震災の前からあり震災の被害を受けました。中洲で臨時の避難所として水が引くまで人々の命をつなぎました。萬画館の中で読める震災時の漫画も必見です。
f:id:ochinaihappa:20221213221426j:image石巻駅にゴール。この駅にはこれから何度も訪れることになる拠点となります。
f:id:ochinaihappa:20221213221432j:image

最後の日和山以外は坂もなくのんびりと町並みを楽しみながら歩くことができました。20kmを超えると日の入りの時間もあり少し時間に追われてしまうこともあるので、観光やご飯を楽しみながら歩くにはこれくらいの距離が良いのかもしれません。

一直線(野蒜〜陸前山下:25km)

今回は野蒜から北上運河沿いに自転車道路をひたすら歩き石巻の方へ向かいます。

12月とすっかり冬になりましたが天気に恵まれ凍えるほどの寒さではありませんでした。

f:id:ochinaihappa:20221213214406j:image前回の野蒜駅から再びスタート。
f:id:ochinaihappa:20221213214415j:image途中なかなかアーティスティックな御一行を発見。

トレイルを歩いていると浮子を利用した芸術作品が実はたくさんあります。

一番ポピュラーなのはカエルですかね。可愛いです。
f:id:ochinaihappa:20221213214402j:image鳴瀬大橋からの景色です。吉田川と鳴瀬川が河口で合流します。
f:id:ochinaihappa:20221213214409j:image少し寒々しい海沿いに出てそこから自転車道路を歩いていきます。
f:id:ochinaihappa:20221213214412j:image北上運河に沿って歩いていき左手側はブルーインパルスで有名な航空自衛隊松島基地です。運が良ければブルーインパルスのテスト飛行が見られることがあります。
f:id:ochinaihappa:20221213214418j:imageここの道で気をつけるのはお手洗いです。この真っ直ぐの道が7km近く続き、途中トイレに抜ける道はありませんのでくれぐれも気をつけてください。

私はこの7kmを超速歩きで通り過ぎましたが大変でした。

なぜか転々とたぬきの糞が落ちています。夜にくるのかな?

f:id:ochinaihappa:20221213214431j:image石巻といったら石巻焼きそば!ということで石巻焼きそばを食べました。

だしでそばを蒸しているのですが、少し味が薄いかな?イマイチな感じで少しテンションが下がりました。

地元の常連さんらしき人は専用のソースではなく醤油をかけていました。それが正解だったのかもしれません。
f:id:ochinaihappa:20221213214434j:image陸前山下駅まで北上運河沿いに遊歩道があります。本来は北上運河を辿る度になる予定でしたが、工事中で予定のトレースを結構離れてしまいました。少し天気が悪くなって雨に降られましたが運河の水鳥を眺めながら黙々と歩きます。
f:id:ochinaihappa:20221213214438j:image途中に会った道祖神はなんでしょう?
f:id:ochinaihappa:20221213214359j:imagez今回は少し長めに歩いていますが直線が長すぎたのと北上運河沿いではない迂回路を探して歩いていたためあまり書くことがありませんでした。

果てしない直線は楽しくないなぁと思うのですが、三陸のリアスもそれはそれで厳しいので難しいところです。

雨の島めぐりと森のトンネル(野蒜〜浦戸諸島〜本塩釜:16km)

前回まで11月の記録を書いていて、なんで10月歩いていなかったんだっけ?っと思ったら歩いていました。
野蒜駅から奥松島の渡船場まで行き、浦戸諸島をめぐって塩釜港につく南下ルートです。

今まで南の方からつなげてきていたのですが、渡船が10月までということで急遽間を飛ばして船に飛び乗ったのでした。(要予約)

綺麗な駅舎です。「のびる」と読みます。

野蒜駅は震災被害にあったため、位置を移動して再興されました。

ここから旧駅舎方向へ延びる地下道を通って目的地の方角へ向かいます。

少し都会チックな明るい地下連絡通路です。

地下通路の先には展望台もあります。

旧駅舎の方へ向かう途中に津波から多数の住民を救った「おさとう山」があります。

津波に備えて私有地に自分で山を作っていたようです。
東日本大震災の時には近隣住民の方々の命を守りました。

現在も残されていますが、くれぐれも私有地のため立ち入りはやめておきましょう。

津波被害に遭う前の駅のホームです。
そのままの姿で残されており哀愁が漂います。

近くには震災資料館があります。
野蒜から宮戸島には徒歩で渡ることができます。

松島はオルレのコースにもなっており、このような馬の目印があちこちにあるようです。
向いている方向が進む向きかな?
トレイルとオルレの違いが良くわかりません。なんであちこち被っているんでしょうね。

漁船をチャーターして浦戸諸島に向かいます。
雨でとても寒いですが毛布を貸していただきました。
船長さんは話上手でここから見える景色やあちこちで行われている養殖業について色々教えてくださいました。

船は寒風沢島に到着しました。

しばり地蔵。

寒風沢島が昔栄えていたころ島には遊郭があり、遊女さんたちが男たちが島の外に船で出てしまわないように願ってお地蔵さんを縛ってしまったらしいです。
なかなかアグレッシブで...。
お地蔵さんの顔も穏やかでそんなに怒ってもなさそうです。

あいにくの雨ですがしっとりした木々のトンネルの中を抜けていきます。

とてもいい感じの道です。

葦に囲まれたまっすぐな道。
雨で水たまりだらけですが、晴れると青空映えて綺麗でしょうね。

私はこのしっとりした感じも好きですが。

トレイルルートの目印にもなる六地蔵

寒風沢島から野々島にまた渡船で渡ります。

住民の方が主に利用する連絡船は電話一本ですぐに来てくれます。無料でいいのかと心配になりますが無料です。

野々島に到着です。野々島はお花が綺麗だそうですが少し時期外れでした。

相変わらずの雨。10月ですが寒くて手がかじかみます。

風の丘と名付けられた花畑を抜けた先にあるいい感じのブランコ。海に向かって飛び出しそうです。
びしょびしょだったので乗ってはいませんが、休憩に最適です。

野々島をサクサク一周して次の島へ。

次は桂島です。こちらにも無料連絡船があります(...が間違えて市営汽船に乗りました。)

拡がる白い砂浜。桂島海水浴場。

夏はよい海水浴場になるのではないでしょうか。

海を見下ろすいい感じの椅子です。
コスモスが綺麗でした。
雨模様なのが残念...。

雨の中雨降石を見に行きました。

小道は少しもやがかかって神秘的な感じに。

浦戸諸島はこのような素敵な小道がたくさんあります。

これが雨降石です。

この石に雨ごいをしていたようです。降ってますね...雨..

最後に市営汽船にのって塩釜港まで戻ります。
最後の方身体が冷えすぎてガタガタ震えていました。

ちゃんとそれを見越してドライバッグに着替えを入れてきたので、綺麗な港の待合室とトイレで着替えることができました。

f:id:ochinaihappa:20221205235527j:image

今回はこんな感じです。

各島で歩いた距離はそんなにありませんが、船の時間等考えるとそこまでゆっくりはできませんでした。

そして離島は晴れているときに行った方が良いですね。

漁船の予約もあるのでなかなか融通が利きませんが、行く際にはしっかり晴れごいしましょう。

そういえばこの時、ずっと使っていた乾きやすくて薄いお気に入りの温泉タオルがあったんですが、これで濡れた顔を拭いたり腕を拭いたりしていたら、家に帰ってから真っ赤になっていました。

なんでだー?と思っていたらどうやら兼用で身体を洗うタオルでもあったようで...。あまり汗を拭くには肌によくなかったみたいです。

今は今治のMOKUタオルを使っています。柔らかくて気持ちいけどまぁまぁ乾きやすいです。

いつかお気に入りの道具もブログで紹介したいです。

 

鹽竈神社狛犬コレクション

全く狛犬には詳しくないのですが、神社の狛犬がただただ好きなので写真に残しています。
鹽竈神社は歴史ある立派な神社のためかいろんな狛犬に出会うことができました。

f:id:ochinaihappa:20221205235728j:image

阿形。眼が大きくて犬らしい。お鼻もかわいい。
飼い犬になってくれそう。
f:id:ochinaihappa:20221205235736j:image

吽形。ちょっとつり目。賢そう。
角なしと思ったけど真ん中のでっぱりは角かしら。
f:id:ochinaihappa:20221205235734j:image
社一等地の狛犬。吽形。まゆげふわふわ。
立派な一本角で牙が丈夫そう。
肩回りもしっかりしてて多分強い。
f:id:ochinaihappa:20221205235740j:image
対の阿形。こちらも強そう。
胸のところが割れているのは胸筋?
手首のぐるぐるもおしゃれですね。
f:id:ochinaihappa:20221205235724j:image
うわー、かわいい!比較的新しい気がします。
シーサー的な感じがある。
角は帽子みたいな感じだけどそれでいいのかな?
鼻の穴もしっかり開いていてて、歯並びも完璧です。
f:id:ochinaihappa:20221205235743j:image
年季が入りすぎてなんだかわからないよ。
でも手にかけて太くなる感じがすごく良いですね。
河童に似ているかもしれない。
f:id:ochinaihappa:20221205235731j:image
時の流れを感じるけど、やっぱり手が可愛い。
この表現漫画チックですよね。
お顔も多分愛嬌がある感じ。
f:id:ochinaihappa:20221205235745j:image

顔がもうほぼ見えないけど姿勢がダイナミック!しゃちほこ!
お尻としっぽが可愛いです。
手足が大きいとこも可愛い。
f:id:ochinaihappa:20221205235748j:imageこの子も対。
角はあったのかなぁ。
立派なしっぽが素敵です。触らせてほしい。
風化した狛犬たち、顔から不明瞭になっていくのは彫りが細かいだけでなくてみんなが可愛くて触るからかもしれないですね。
以上狛犬コレクションでした。
今後も単発で今までのコレクションを載せるかもしれません。

日本一の回転寿司と多賀城巡り(中野栄〜本塩釜:14km)

今回のコースは多賀城の町中をゆっくり周るコース。

多賀城に住んでいる接骨院の先生にこのコースだけ多賀城へのこだわりが強すぎると言われました。

f:id:ochinaihappa:20221205234755j:image

距離も短いのでお昼からスタートにして、先に本塩釜駅に向かい激推しされた廻鮮寿司塩釜港へ。

休みの日はかなり並ぶらしいので本気を出して1時間前に入口のリストに名前を書きに行きました。それでも7番目くらいでびっくり。

店内は活気があっていい感じです。

f:id:ochinaihappa:20221205234751j:image

お寿司回ってる必要あまりない。

紙に書いて注文し、目の前で握ってもらえます。

ネタが大きくて新鮮で食べごたえがありました。

すごい勢いで10皿近く食べ、おおよそ15分でお会計。

お店の回転に貢献しました。外にはだいぶ行列ができていました。

最後にいただいたのり汁があまり飲んだことがなく美味しかったです。

お寿司屋さんから下馬駅まで歩き、またJRで中野栄に戻ってスタートです。

のんびり行きましょう。

f:id:ochinaihappa:20221205234747j:image

中野栄の北側は食品工場がいくつかあり、パンの自動販売機がありました。

こういうのつい買ってしまいます。たまごパン美味しかったです。

すぐには食べずリュックにパンを入れてまたスタート。

途中で見た仙台育英の校舎が立派すぎて大学かと思いました。

f:id:ochinaihappa:20221205234758j:image

末の松山。立派な松です。

津波がきてもこの松を超えることはなかったそうです。

ちぎりきな かたみに袖をしぼりつつ

末の松山 波越さじとは

清原元輔

小倉百人一首に選ばれた歌にも詠まれたようです。
f:id:ochinaihappa:20221205234802j:image

興井(沖の石)

こちらも百人一首に詠まれた場所

わが袖は 潮干に見えぬ

沖の石の

人こそ知らね 乾く間もなし

二条院讃岐

舗装された道路の中に唐突にあるのでなかなか…。

このあたりは津波に寄って浸水被害を受けています。
f:id:ochinaihappa:20221205234806j:image

多賀城駅は真新しく、目の前にTSUTAYA運営の図書館がありました。

あんまり好きではないんですけどね、TSUTAYAが運営している図書館。

建物はガラス張りできれいで住民の憩いの場になっていました。

イルミネーションも準備されていたのでクリスマス付近はきれいに点灯するのかな?
f:id:ochinaihappa:20221205234844j:image

ここからは多賀城の史跡をめぐる旅。

奈良・平安時代に置かれた歴史ある城跡です。

基礎しか残っていませんが、当時の人々がどんな景色を見ていたのか思いを馳せます。

この部分いい感じに台地になっていて、いい場所を選んだなぁと思います。
f:id:ochinaihappa:20221205234841j:image

三叉に分かれた立派な樫の木。
f:id:ochinaihappa:20221205234838j:image

畑の横の小路を抜けて広がる加瀬沼。

木々が色づいています。

多賀城めぐりも終わり、塩釜港の方へ向かいます。
f:id:ochinaihappa:20221205234850j:image

目的の塩釜港の少し手前にそびえ立つ鹽竈神社

f:id:ochinaihappa:20221205234958j:image

今日は距離が短いから〜となめていました。

最後の最後にこの階段はきつすぎる。でもここをスルーして港に向かうのはとてもボリュームが少なすぎる。

仕方なく登ります。

人がちらほらいるのでマスクも外せず、気を失いかけました。
f:id:ochinaihappa:20221205234813j:image

登った先には立派な神社がありました。来てよかった。
f:id:ochinaihappa:20221205234816j:image

可愛い狛犬

鹽竈神社にはたくさん狛犬がいました。

狛犬の写真を集めたので明日にでもまとめようと思います。
f:id:ochinaihappa:20221205234847j:image

閉店間際の売店でゆっくり甘酒を楽しみます。

体が温まってほっと一息です。
f:id:ochinaihappa:20221205234810j:image

下りは緩やかでした。こっちから登ればよかったのでは???

のんびりと塩釜駅に到着です。

塩釜駅の周りも美味しそうなご飯屋さんがいっぱいです。

f:id:ochinaihappa:20221205234853j:image

14kmのコースを歩き終わって少し物足りないような、これくらいがちょうどよいような…。

とにかく階段と坂は嫌ですね。

多賀城の町中巡りと塩竈神社はとても立派で見ていて楽しかったです。

朝焼けの丘とトレイルの聖地(仙台空港〜名取トレイルセンター〜中野栄駅:27km)

今度は間をおかずに11月の後半、仙台空港駅がスタートなので早朝からスタートできました。

しかしそんなに頑張らなくてもよいのに始発に乗るために早起きする必要があったため、前日はほぼ眠れず…寝ないでスタートしました。

睡眠不足は本当によくありません。

f:id:ochinaihappa:20221205233831j:image

日の出直後の北釜防災公園。

丘に登って朝日を臨もうと思います。

朝の空気はとても気持ちが良いです。
f:id:ochinaihappa:20221205233837j:image

堤防の先に水平線。そして朝日。

陽が当たると暖かさを感じます。準備運動をしながら幻想的な風景を見つめていました。
f:id:ochinaihappa:20221205233822j:image

仙台空港から北側の海沿いにはビニールハウスが続いています。これは空港の設備かな?

朝早いですが車がいくつも止まっています。人はいません。一体何が…。
f:id:ochinaihappa:20221205233834j:image

なんだかおしゃれな壁。ずーっと真っ直ぐです。
f:id:ochinaihappa:20221205233816j:image

稲刈りがすっかり終わり冬支度です。まだまだ朝が続きます。
f:id:ochinaihappa:20221205233840j:image

こちらは名取トレイルセンター。

どうやらぽてぽて歩いているときに施設の方に発見されていたらしく、開館前でしたが声をかけていただきました。

今度ゆっくり行きたいなぁ。トイレだけ貸していただきました。

そしておそらくトイレに配布のマップを落としてきました。

この先GPSに落としたルートはあるものの、今までともに歩いてきたトレイルマップをどこかになくしたショックで自分のぽんこつさを自問自答していました。
f:id:ochinaihappa:20221205233825j:image

閖上湊神社の狛犬

閖上はかわまちてらす閖上ができてだいぶ賑わっています。

いつもは車で海鮮丼を食べに行くのですが、今回は朝早すぎてどこも空いていませんでした。

お昼に通るように設定すればよかった。そんなに早起きする必要なかったんだ…。

寝不足だからぽんこつにもなる。
f:id:ochinaihappa:20221205233843j:image

閖上から河を渡って貞山堀沿いに自転車道を歩いていきます。

秋も深まりふわふわのすすきが陽にキラキラと照らされてきれいでした。
f:id:ochinaihappa:20221205233819j:image

ずーっと自転車道です。本当にずーっと。

自転車で走るととても気持ちよさそうですが歩くと途方も無いです。

貞山堀の鳥を眺めながら睡魔と戦いつつ歩き続けます。

トイレも遠いので要注意です。
f:id:ochinaihappa:20221205233846j:image

いい感じの松が生えています。

カラスがたまに糞を落としてくるので警戒していました。

しかし真っ直ぐすぎて眠い…。f:id:ochinaihappa:20221205233828j:image

完全に半分目を瞑ったまま歩き、そのまま倒れそうになったのでテンションを上げるために音楽を聞きながら歩きました。

普段は自然の音を聞いていたいんですが仕方がない。

なんとか七北田川河口にたどり着きました。

七北田川河口は釣りをする人や散歩をする人で賑わっていました。

眠さで倒れそうになっているのは私だけです。

そのまま工場地帯をぬけて中野栄に向かいます。
f:id:ochinaihappa:20221205233849j:image

中野栄三井アウトレットパーク

行ったことがない。
f:id:ochinaihappa:20221205233813j:image

今回久しぶりに27km歩ききりました。

ずっと平坦だったのでそこまで負担はありませんでしたが、とにかく寝不足が堪えました。

次来るときは歩かなくていい、自転車でいい…。

貞山堀はカモがいっぱいいていいところです。

阿武隈川と空港までの道(逢隈駅〜仙台空港:22km)

前回からまた少し秋が深まって11月の最初の週。

今回は逢隈駅から阿武隈川へ向かい川沿いから海へ、海沿いを歩いて仙台空港まで向かうコースです。

暑すぎず寒すぎず歩きやすい季節になりました。

f:id:ochinaihappa:20221205225205j:image

田んぼは大半が稲刈りが済んでおり新米の季節です。

最近のコンバインは稲が少々倒れたところで問題ないらしいですね。

秋晴れの中ずんずんと歩みを進めていきます。

少し寝不足…。
f:id:ochinaihappa:20221205225105j:image

安福河伯(あふくかはく)神社。樹木に囲まれ地面に生えた苔もいい感じです。

川の神様ということですが河童かな?

今回もまた楽しい散歩になりますように(あと膝が爆発しませんように)とお願いしました。
f:id:ochinaihappa:20221205225144j:image

阿武隈川沿いにある田沢磨崖仏です。

川を見守っているようです。
f:id:ochinaihappa:20221205225110j:image

阿武隈川を下っていきます。河口付近なこともあって広い!

川沿いの遊歩道も整備されていて良いお散歩コースです。

目線の先に見えるのはこれから渡る阿武隈橋。大きいので意外に遠いです。
f:id:ochinaihappa:20221205225115j:image

宮城の平野が続く海沿いにはこのように津波からの避難のための人工の丘がいくつかあります。

階段をのぼると今は穏やかな水平線を見渡すことができます。

このあたりはとにかく平野がずっと続いており、徒歩では標高の高いところに逃げるまでとても間に合いません。

このような人工の高台や、立体駐車場のような避難施設が頼りになっています。

地震はいつ起こるかわかりません。

観光に来る方や、同じように歩く方はくれぐれも自分の今いる位置ともしものときの行動を頭に入れておきましょう。

f:id:ochinaihappa:20221205225122j:image

長谷釜神明神社の大銀杏です。

葉の量の割には黄色くなっておらず、紅葉する前に葉が落ちてしまったのかな?

塩害等もありますからね。
f:id:ochinaihappa:20221205225130j:image

道すがら羊がいました。

いわぬまひつじ村というところらしいです。

入り口と逆方向から入ってしまったので、有料と知らずに遊んでいました。

出口でお金を払った…。
f:id:ochinaihappa:20221205225135j:image

ほぼ平坦な道を歩いて飛び立つ飛行機をちょくちょく確認するようになったところで仙台空港に到着しました。

周りに何もありませんが仙台空港は電車で来ることができます。

よく使いますが少し仙台市内から時間がかかります。

福岡に住んでいたことがあるので市街地から空港までの距離は羽田ですら文句があります。
f:id:ochinaihappa:20221205225149j:image

仙台空港を少しぶらついてカフェでコーヒーを飲んで帰りました。

これは私のお気に入りのむすび丸です。可愛いですね。

グッズは持っているのですがまだご本人に会ったことがありません。
f:id:ochinaihappa:20221205225155j:image

今回の距離は22kmでしたが思ったよりきつくはなかったです。

見晴らしのいい景色(海は見えない)をのびのびと歩くことができました。